ページ

2018年1月16日火曜日

浄法寺の三つ組の漆椀

 調べものをしに開店前に東京国立博物館の資料館へ。と言うと、曖昧なままの知識をゆるがせにしない学究の徒のように聞こえますが、ほとんど暇つぶしみたいでした。せっかく来たからと、読めもしない資料を閲覧請求したりして、それっぽく振る舞った後は平成館の考古展示を一周。仁和寺展が始まったばかりで、今のうちなら空いてて見放題にもかかわらずスルー。連絡通路から本館に渡って正面から外に出ると、春のように暖かな日和です。上野の山は、なぜかすごい速力で噴水前を駆け抜けたり、奇声を発する人たちで賑わっています。この猥雑な雰囲気が名残惜しいので、お昼はアメ横ガード下、声に出して読みたい名店「珍々軒」でチャーハンを食べました。悠々自適、というよりは無為徒食といった感じです。
そしてこのまま、母なるガンジスの如き悠久の流れに身を任せて商品紹介です。

フィリップ・K・ディック的な光景 
鼓動が早まるような麗しき盛りつけ



 茶色い浄法寺の端反りの三つ組椀です。黒漆が透けてこんな色になっているのかと思いきや、高台内の黒塗から察するに、意図的にこういう色を出しているようです。ベンガラを茶色寄りに発色させたのか、海老茶のような色味がモダンです。そしてその高台内に黄漆で描かれた梅の絵が胸を打つポイント。かわいいですね!器型と色から密教法具の六器を思わせますが、用途のほどはいかに。ブナと思しき材を横木の柾目で取った量産型の工程なので、これといって特別な使い途を意図したものではなさそうです。やはり食器として作られたものでしょうか。それでも端反りという、本来は金属器の強度を保つ必要に応じて生まれた形が漆器に写されると、どこか神聖な雰囲気を帯びて見えます。陶磁器ほどの共通見解が漆器にはないので、どうしてもひとりよがりな意見になりがちですが、とても魅力的なお椀です。


『浄法寺三つ組椀』江戸時代

一の椀 口径12.4〜12.8×高さ7×高台径5.7×6センチ
二の椀 11.8〜12.2×5×5.5〜5.6センチ      
三の椀 10.7〜11×2.5×4.4〜4.5センチ      




一の椀口縁に割れが走ってますが止まっています 
断文もきれいに出ています

黒漆の上に茶漆(ベンガラ?)を塗っています

88,000円


2018年1月9日火曜日

藤みたいな文様の描かれた太白手のような猪口

 日曜日は久しぶりの大江戸骨董市出店でした。お蔭様でこうして今年も行商に出向いて品物を広げられるというのは、なにより有り難いことです。開業から3年7ヶ月、綱渡りなどと云って、その綱ごと切れそうなところを毎度紙一重で渡り切るのもいいかげん堂に入る頃で、芸の域に達しつつあるならそれはそれで良いものです。とはいえ、よほど心臓にモサモサと毛が生えてなければ、なかなか生きた心地がしないもので、今年は出雲大社の大注連縄ぐらいに頑丈なところを渡っていけるよう、盤石な足場作りに精進したいと思っております。そしてそのまま流れるように商品紹介です。ここで縄にまつわる品物でもアップできればいいのですが、そういうものが無い。ので、連想です。縄→君の縄。→君の名は。→男女入れ替わり→転校生→小林聡美→やっぱり猫が好き→サン・トワ・マミー→越路吹雪→宝塚→手塚治虫→神様→カール・ゴッチ→五輪書→オリンピック→地価高騰→バブル→石鹸→白→太白手
というわけで、瀬戸・美濃系の太白手の猪口をご紹介いたします。

藤らしき花が手慣れた筆致で描かれた蕎麦猪口です。瀬戸なのか美濃なのか、太白手に分類されるのかどうか・・と、あいまいで恐縮ですが、見所たくさんの一品です。貫入びっしりのクリーム色の釉と対比を成す濃いめの呉須と靄のように入った染み。貧数寄的な冷え枯れというよりは、南仏の軟陶やデルフトあたりと相性の良さそうな明るさがあります。

『太白手蕎麦猪口』江戸後期
口径7.1×高さ6.3×底径5.7センチ





高台縁のやや大きめの欠けには丁寧な銀直しを施して
もらいました。その他小さなホツが数箇所。    

sold


 

2017年12月25日月曜日

戯れた頁たち

1/7(日) 有楽町大江戸骨董市に出店
 
 ただいま逆光にて本年最後の展示会、植木智佳子個展『頁の戯れ』を開催しております。作品は古書の上に岩絵具で絵を描いたり、古布や写真を貼り付けたりした一種のオブジェというべきものです。が、本という形態が維持されている以上、視覚だけの認識では不十分で、手に取って頁を繰る触覚の参加を強制されます。目よりは手の方に負荷がかかるかもしれません。支持体になっている古書は植木さんが当店で買い上げてくれたものですが、こうして作品となった後もさらに売歩の形で利益を取られるのですから、作家にとっては二重に搾取される構図になっています。まさに重層的に複雑化した資本主義社会における美術業界の雛形を提示しようという当初の狙い通りです。というのはウソですが、とにかく連日多くの方にお運びいただいていて、古い紙を捲るカサッという音が時おり店内に響いています。
 製作に使われた本の多くは1970年代以前発行のもので、調べたわけではないのではっきりとは分かりませんが、現在流通している一般書籍の紙質とはずいぶん違うようです。ことに戦前に発行された本の紙は明確に質の良さが際立っているそうで、絵具の乗りがぜんぜん違うと植木さんが言っていました。古い本のおもしろさには玩物喪志以上のものがあって、視覚・触覚、もしかしたら嗅覚・聴覚・味覚さえも研ぎ澄ます力があるのかもしれません。29(金)まで。閉店時間を連日20時に延長しております。ぜひお運びください。
 そして展示前日まで地上の楽園、沼津まで交換会に行っておりまして、これは愉しい!と店主が思い込んでいるものがいくつか入荷しています。追ってご案内していきますので、しばしお待ちくださいませ。
 もはや退っ引きならないほどの年の瀬、お忙しいとは存じますが今週もどうぞよろしくお願い致します。

古い版の岩波少年文庫の『クリスマス・キャロル』
重しは花巻人形と伏見人形?          

「建築と社会 1961年10月号」

菊池寛の『貞操』

富士はやっぱり特別な山なのだと思わされます

疾走する車窓からの富士





 

2017年12月14日木曜日

音速の生徒たち

12/15(金) 『小江戸骨董市』展示設営のためお休みです
12/16(土)17(日) 『小江戸骨董市』うつわノート川越

12/20(水)21(木) 仕入のためお休みです

12/22(金) 『頁の戯れ』展示設営のためお休みです
12/23(土)〜29(金) 植木智佳子『頁の戯れ』

インスタグラムもぜひ→👃


 師が走るぐらいならば、我ら下っ端どもはマッハの速度で世界を駆け抜けなければならない。わけもなくそんな強迫観念に駆られる年末ですが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。改めてスケジュールを書き出してみると、展示会やその準備や仕入などで、まともに店を開けられる日数もほとんどないことが判明して驚きます。もっとも「いつだってまともではないけど?」と言われそうですが、そしたら「うむ」と笑って窓の外を見るぐらいの余裕は欲しいものです。
 直近では川越うつわノートさんでの『小江戸骨董市』。志村道具店トトトト質環の各氏と逆光の4店舗の出展です。会期2日とも4人在廊予定ということで、下手したら、むくつけき男たちが犇めき合ってるだけのイベントになりかねないので、年の瀬のお忙しい中ではありますが、ぜひ皆さま万障お繰り合わせの上お越しくださいませ。おそらく四者四様の涙まじりに仕入してきたものが並ぶはずです。
 それから植木智佳子さんの個展『頁の戯れ』ですね。おととしに森岡書店茅場町店、去年新川のマレビトと来て、今年は弊店にての開催となりました。岩絵具を使っているので日本画の範疇に入るのでしょうが、展示する店舗に合わせて支持体を変えているのが面白いところです。マレビトさんの時には古道具に絵が描かれました。今年は古書の頁を繰って絵具がのります。展示会場が徐々に西に進んでいるので、来年あたりは出光美術館などでの開催もあるかもしれません。青田買いは今のうちです。会期最終日の29日が逆光の本年最終営業日です。最後の最後までお付き合いください。


火消し道具の鳶口の柄の先にスワッグをぶら下げて、背景にはネウマ譜を
貼っています。クリスマスの飾り付けのつもりでしたが、あまりの
寒々しさに気づく人もいません。なかなか侘びた風情だと思ったのですが。








 

2017年11月29日水曜日

お知らせたち

12/7(木)〜9(土) 『点店終点
12/16(土)・17(日) 『小江戸骨董市』於 うつわノート川越店
12/23(土)〜29(金) 植木智佳子個展『頁の戯れ』


 ヒマを再結晶化させたかのような純度の高いヒマさ加減に翻弄される時もあれば、これ見よがしに気忙しい時もあるのが人生です。12月は端から見て、そこそこ忙しぶってるぐらいにスケジュールが埋まっていて有り難いことです。
 まず『点店終点』ですが、DMには「いよいよファイナル」などと銘打ってあって、どこかLAST GIGS的な何かが漂っているようないないような気配があります。音楽性の相違による解散なのか?と聞かれたりもしますが(しませんが)、実状は来年度のノー・コンセプト店舗移転のため、現行の形を一度終わらせましょうという話です。商店街の空き店舗前で、おニイさんがお立ち台に上がってメガホンで「いよいよ今日明日かぎりの激安価格」と呼び込みしてるアレがイメージに近いでしょうか。毎度のことながら、各店舗泣きながらの仕入にギリギリまで奔走します。
 そして『小江戸骨董市』。康芳夫と肩を並べるとさえ云われるあの辣腕プロモーター、うつわノートの松本武明氏が、いよいよ大江戸骨董市の対抗軸として掲げたプロジェクトのプロトタイプなのか?と聞かれたりもしますが(しませんが)、実際は師走の気が逸るなかで、古物でも見てひと息つきましょうというほのぼのとした企画です。しかし出店メンツは、当店にしてみれば「みな我よりえらく見ゆる日よ」と啄木魂に苛まれてしまうような人たち。見応えあると思います。会期は二日と短いのですが、散策を兼ねてぜひお運びください。川越在住歴のある逆光店主が、小江戸の名店をご案内いたします。と言っても「餃子の満洲」ぐらいしか知らないのですが。
 古物企画二連発、年も押し詰まる感のある中のお越しを心よりお待ちしております。
 さらにいよいよ年の瀬も押し迫ったところで、個展の追い打ちです。植木智佳子『頁の戯れ』。古書、岩絵具、文字、詩歌・・。小さな雑居ビルの一室で、静かなポエジーが炸裂しそうな予感がする展示会です。概要はまた追ってお知らせいたします。
 今年も各方面の皆さまのお蔭で、素晴らしい一年となりました。と、締めの挨拶にはまだ早いのですが、残りの2017年もどうぞよろしくお願申し上げます。


なにかしら愉しいものがある、と信じたい店内。

企画展示の多い昨今ですが、お時間を割いていただけたら
幸いです。                     




 

 
 







2017年11月12日日曜日

いまなぜ零細業者なのか

11/19(日)まで松井寛泰写真展『Labyrinth』開催中です。
11/25(土)・26(日) 『目黒セントラルマーケット』に出店します。
12/7(木)〜9(土) 『点店終点


点店、それは中年の心の中にいた青春の幻影・・。ふいに聞こえてくる城達也の声に耳を澄ましながら頁をめくれば、ブラー系エフェクトのように滲む紙面。それは涙のせい?それとも老眼?さて、皆さまにご愛顧をいただいておりました中央区古道具店合同買い廻り痛快企画『点店』も、いよいよ次回12月の開催を以てファイナルと銘打つこととなりました。そしてこの素敵なタイミングで、現在発売中の「オズマガジン12月号」の誌面にて点店のことをご紹介いただいております。しかも6頁も。誌面構成のこの破格ぶりに、思わず版元のスターツ出版の会社概要をサイトでチェックしてみましたが、特に何も分からずじまい。
 4店舗が集まってのインタビューが載っているのですが、これが90年代初め頃に結成されたインディーズバンドの解散記事みたいな趣きがあって、懐かしいような微笑ましいような気持ちになります(ならないかもしれません)。本誌ではボツになりましたが、マレビト前の橋の上で雨のそぼ降る中を撮った写真が、エピック・ソニー時代のエレファントカシマシのアルバムジャケットのようで、割といいと思いました。時代の一風景が雨と涙と川の流れのせいで、彼方に霞んでいくのでした。
 そしていま店舗では、松井寛泰写真展『Labyrinth』を開催しております。物体が放つ光に対してレンズやカメラを使って光学的操作を行い、それを感光剤に照射させてから、現像・焼き付け等で紙等の支持体に像を定着させるのが、写真の定義です。字義どおりに真を写すと解釈すると語弊があって、本来は光を結像させる光画です。フォトグラフの光画性をいっそう強調するために、工程の手数をやけに多くせざるを得ないその拘りは、むしろ滑稽でさえあるのですが、花鳥風月好きの日本人には、その反自然性を構築するための滑稽さはよく理解するところではないようです。
 セザンヌ、ジョイス、ゴダール、吉増剛造、川久保玲、坂田和實・・そのジャンルが持つ制度性を明確に際立たせながら仕事する人たちに、松井寛泰も連なるひとりのように思えます。19(日)までです。ぜひご高覧くださいませ。


今、万感の思いを込めて・・みたいなノリで。



外光の射し込み方でかなり見え方が違います。ぜひ何度も
お運びを。                     


詩人の手みやげです。心憎いですね。



2017年11月6日月曜日

リットゥ

11/11(土)〜19(日) 松井寛泰写真展『Labyrinth
9(木)・10(金)は搬入・陳列のためお休みです。

11/25(土)・26(日) 『目黒セントラルマーケット』に出店

12/7(木)・8(金)・9(土) 『点店終点』


 止まない雨はない。ということで、日曜はひと月ぶりの行商でした。灰色の空から落ちてくる雨が、まるで露店商たちの涙のように見えた10月を何とかやり過ごして、霜月一週目の日曜日は恩寵のような快晴。ただ前日までの暖かな空気が一変して、ジッとしてると底冷えしてくるような寒さでした。あまりの寒さに3時を回る頃には帰り支度を始めて早々に撤収、浅草のフルーツパーラーゴトーへ。店の前は結構な人だかりで、この寒いのにみんなよくパフェなんか食べる気になるな、と呆れながら4種の柿のパフェ(1,280円)というのをいただきました。ほんとは洋梨のパフェが目当てでしたが、用意してた分が切れてしまい追熟中とのこと。一両日中には再開するそうなので、お出かけの際には問い合わせを入れるといいかもしれません。
 しかし本当に言いたいのはそんなことではなく、松井寛泰展の宣伝をしないといけないのです。日本ではオリジナルプリントで写真を見るという習慣が根づいていませんが、松井さんの職人肌が遺憾なく発揮されたゼラチンシルバーによるプリントの美しさを体感するには、実物を見ないでは始まりません。職人気質ということでは、先日展示会を催した小野寺公夫さんとも共通するところがあって、図らずも「まだ見ぬ職人列伝」のような展示が続くことになります。
 写真は複製可能なペラペラの1枚の紙ではなく、もっと絵画や彫刻のような物感を携えたモノであることが、オリジナルを目にすると分かると思います。松井寛泰の写真を見たあとは、浅草に出て洋梨のパフェを食べるというのもいいでしょう。皆さまのお越しをお待ちしております。

善光寺参りと同じく、一生に一度は見ておかないと
いけない写真です。              

富有柿と太秋と東京御所と東京紅を使用。富有柿以外は
区別がつかず。