ページ

2018年4月23日月曜日

中心と周縁

 4月26日(木)〜28日(土)に開催される『東京アートアンティーク 日本橋・京橋美術まつり』に参加いたします。キャプションに「日本最大級のアート密集地がここにある。」とあり、更にキャッチコピーには「数寄です、美術の街」と書いてあって、そんなのを見ると、当店の参加が何かの間違いに思えてきます。しかし21世紀も残すところ八十年ちょっととなった今、価値体系の明確なヒエラルキーも曖昧になってしまっていて、中心がどこにあるのかも分からず、多様に交錯する流れだけが存在しているのだとすると、千万単位の古美術も数百円のガラクタも同一平面にあるものとして視界に入れないといけないのかもしれません。まさしく”まつり”であって、この時ばかりは保守的な価値観を維持していると思われている街もアナーキーな祝祭の場と化します。
 参加店舗を掲載したイベント用のきれいな冊子も作られています。持ち分が少なくバサバサお配りすることができないので、ご希望の方はご来店の折にお声掛けくださいませ。もちろん逆光も載せてもらっておりまして、企画を出すと扱い枠が少し大きくなると聞き、『奇妙な食卓』というタイトルで一頁の半分で紹介していただいてます。たいがい奇妙なものしか置いてないくせに、今さらなんだと思われるかもしれませんが、だいたいそんな感じということでお察しください。
 興味の向きが古道具・ジャンク系にしかないという方や、蚤の市で安いものを探し出すことこそが情熱の源という方もぜひ足を運んでみてください。思いもかけずに価値の遠近法が変革されてしまったならば、それはそれで人生にとって愉しいことに思えます。皆さまのお越しをお待ちしております。

この赤いポスターがイベントのアイキャッチ

こんな感じに載ってます。上の飯田好日堂さんの
「わくわく文房具」の方が気になりますが。   

ちょっと見づらいのですが、右下66番に記載されております。
まさに中心と周縁のモデルケース。社会学や人類学を専攻している
学生さんはぜひこの機会にフィールドワークに勤しんでください。

金海産の堅手の鉢にスパイシーマトンカレーを。 



2018年4月12日木曜日

さっきの喫茶

 四月については、「最も残酷な月」だとか「何かが起こりそうな気がする」などと詩人たちは謳ったけれど、実際のところは茫洋とユルくて特に何も起こらないものです。だったらTeaでも嗜むとするか。というわけでお茶碗の紹介です。と、すごく雑な前振りで恐縮ですが、なにとぞご一読のほどを。インスタグラムでも以前にご案内した品ですが、こうして改めて見ると欲しくなってしまうなー、というふうに思っていただけたら幸いです。

 平形の高麗茶碗。平斗々屋という触れ込みで競り落したのですが、目跡の数や高台廻りの処理など諸々茶方の約束に沿わないようなので、厳密には斗々屋と言わないのでしょう。もちろんだからダメということは全くなく、分類化されてないからこそ自分で魅力を発見できる茶碗です。いかにも唐津の始祖であることを納得させる釉調、すでに相当お茶に使われたであろう伝世の味、手になじむ持ち重りなど、飽きずに手元に置いておけるものだと思います。

平斗々屋手 高麗茶碗
16世紀 
径14.1~14.3×高さ4.5×高台径4.8~5センチ

金直し一箇所。しっとりとした釉調と仄かに浮いた御本。

梅花皮と兜巾。高台側も見所に事欠きません。

素人が点ててもそれなりなので、手慣れた方にとっては
十分に小服茶碗として用を成します

ちょっと綿が出てしまってますが、糸味のよい御物袋に
収まっています。
sold



 

2018年4月4日水曜日

古参たち

 早くも卯月。心機一転の季節。第一四半期を終え、通期業績予想の修正が重く懸案としてのしかかってくる昨今、業者同士も寄ると触るとその話題ばかりです。というのはもちろんウソで、自分なんかは通年でたいてい月の支払いとおやつの話しかしてません。そんな暢気な人にも等しく新年度は巡ってくるわけで、この時期ばかりは何か本気のエナジーが充填された気になるものです。
 さて、店内を見ると、腰を据えていつまでも動きそうにない物たちがいます。稀少な物ですが、珍品すぎて却って物欲をそそらないのかもしれません。欲望とは他者の欲望である、とラカンが言うように、誰も欲しがらなければ市場は成立しません。とはいえ、心機一転を謳うのならば、古参にもいいかげん旅立ってもらわなければなりません。というわけで、二点のご紹介。

円筒下層式土器。これはずいぶん長くいます。当店の最古参でしょうか。実際とても古いもので、この土器がこの世に生まれたのは、時代区分で言うと縄文時代前期後葉ですから、5500〜6000年前ぐらいですか。100歳が60人分。というと、たいした感じがなくなりますが、100歳の翁・媼が数十人、グレイシートレインのように肩を組んで一列縦隊で路地を通過していったら、悠久の時を思わせやしないでしょうか。青森南部の是川近辺の出土で、かつては保存容器にでも使われたものかもしれません。やがて土の中で眠ること数千年、時を経て再び地上に現れ幾人かの手を渡り、いまは何のゆかりもない八丁堀の場末に鎮座しております。
縄文土器と言って思い浮かぶ、火焔土器の過剰な装飾や亀ヶ岡式の多様な文様はありません。至って地味。なので、縄文が好きだという人に見せても、歯牙にもかけない態度を取られることがあります。逆に古物に関して目に一丁字もない人が、その簡素な美しさに感動してくれることもあります。
考古発掘物の中でもことさら古い部類ですので、疵は当然たくさんありますが、7割5分以上がオリジナル。かなりの残存率です。岡本太郎が絶賛した破調の美以前の美。

円筒下層式土器
縄文時代前期後葉(B.C.3,500~B.C.3,000年)
口径16.5×高さ22.5×底径12.5センチ






撚糸文に鏃を連ねたような文様。遠目だとまるで古木の樹皮に
見えます。

90,000円

参考までに東京国立博物館所蔵の同手の物
市場に出ることはほとんどありません

もう一点は南米ペルー古代文化、モチェの紡績の道具。これもベテランです。開業前からいますね。布を織る際に緯糸を整えるものだそうですが、具体的な作業工程は分かりません。モチェは紀元前後から7世紀頃に、現在のペルー北海岸部に栄えた文化です。同時期にメキシコ南東部で発展したマヤ文明と違って文字による記録が無いため、往時を知るにはこれらの出土遺物を見るしかないのです。というと、とても貴重な物に思えてきますが、実際に類品を日本で見ることは稀でしょう。織物は金銀と同等以上の価値を持っていたそうで、それを作り出す道具も特別なものであったはずです。



モチェの紡績の道具
紀元前後〜7世紀頃
長さ34.3×最大巾4.8センチ


トカゲと思われる生き物が線刻されています。トカゲは
モチーフとしてよく使われたようです
たしかに特別な道具であったことが伺えます



枯れ切った古民具のような味わい
柳宗悦が欲しがりそうです

25,000円

以上です。お問い合わせはどうぞお気軽に。メールが確実です。それでは新年度もどうぞよろしくお願い致します。